Kさんに伝えるチャリティ2.0 ~ソーシャルメディア革命~ その2

Tweet (1からの続き) 論点2 アメリカはやることやってる 私は九州に住んでいて直接の被災者ではありませんが、アメリカ軍の素早い支援には大変感謝しています。 空母まで派遣してくれましたw物資、ヘリ、人、アメリカ納税者の税金を大量に使っています。本当にこれ以上アメリカからのお金の支援が必要なんですか? 地震後の通貨の動きを知っていますか?円高です。未曾有の大災害が起こり原発事故も起こっているのにその国の通貨が上がるっておかしいと思いませんか? 理由まで書くと長くなるので省略させてください^^;(数ヶ月後には円安になると思いますが・・・) 感謝は私もしています。特にアメリカに住んでいるのですから。自衛隊ができないことを被曝してまで、手がけたという話もきいています。まさに「戦争」を日常体験している国だからできることがあります。対中国で苦労しているアメリカは日本に沈んでもらったら色んな意味で困るのです。しかし、これらは「国」がやっていることであり、いちいち国民の承諾を得ているわけではありません。アメリカはしょっちゅう世界の支援をしているわけですから、その骨組みを賞賛すべきです。(だからJohnは個別の事象じゃなくチャリティというCauseそのものを支援しろ、といっているわけです) しかし、個人ができることだってあるんです。それを決めるのは本人の意志であり、誰にもそれを奪う権利はありません。外国人にとって、お金を出す以外の支援が、具体的にどれだけできるのでしょうか。もちろん方法はありますが、それは恐らく緊急災害援助には向かないし、何より、日本からもっと声があがらないと、世界が何をすべきかが伝わりません。 納税者の税金を使っているのはその通り、通貨の動きを知っていますか?というのは愚問です。(私はもともとバイヤーだったので、貿易が専門でした) 通貨が上がり、株価が下がる、これはむしろ私のような「経済の門外漢」にとってはシンプルに見えます。誰だって、カジノが火事になってたら持ってるチップをできるだけいいレートでキャッシュアウトしたいでしょう?数ヶ月後に円安になる、根拠を明確にお持ちで、いつにいくらになるのか知ってたら教えてください。私の知り合いのデイ・トレーダーが全額投入してレバレッジ1000倍くらいかけるでしょう。アトヅケの学問やってる人は、予測が失敗しても何ら恥じることがないのが問題だと思ってます。一方経営者は損失を補わなければなりません、だから首吊るのです。サブプライムを生み出したActualliesの何人が自殺したんでしょうか?彼らは人を殺すことはあっても、自殺なんかしないですよ。世銀やIMFも同じこと。 論点3 日本はその気になればお金をつくれる 論点4 アメリカは自国の状態に注力すべき >彼らにとってお金はボトルネックには成り得ない。お金が必要なら、日本はいつでもそれを得ることができるのだから。 日銀がお札を発行できるという意味ですね。しかも円高なので余裕で発行できます。 日銀は地震後に金融緩和策を次々と行っていますがそのお金は復興資金として健全に消費されていくでしょう。 ところがアメリカがこれまで行なってきた金融緩和策は金融市場の投機資金を膨大な量にしてしまい原油などの価格を釣り上げてしまいました。いま円高なのも投機資金の流入でしょう、もうこれ以上アメリカはドルを発行できません。今でさえ資金が溢れて物価が高まり世界が混乱してきています。今、アメリカで大規模な災害が起こったらどうするんでしょうか・・・ アメリカで大規模な災害が起こったらどうするんでしょうか? というのは非常に興味深い話です。そう、その通りです。 今回彼は「DON’T DONATE MONEY TO JAPAN」という挑発的な見出しで、コラムを書きました。これは裏を返すと「アメリカがそのお金を必要としている」ということです。だから、彼は「金に糸目をつけるな」といっているわけです。例えば、放射能が太平洋を越えて西海岸に到着した場合のことを想定してください。あるいは、為替が円高に触れることを見越していたとしたら、それだけでロスがでてしまいます。 アメリカは寄付者の立場から、急に被害者の一部になります。為替で寄付が目減りしたら寄付者はがっかりします。 例えば、私がアメリカを愛するジャーナリストで、権威のある地位にいれば、何としてでも国民の目を私のほうに向けたいと思うでしょう。しかし、ダイレクトに言うと問題になります。だから、言葉を選びつつ、多くの人間の感情を害しないようにするでしょう。メディアも競争原理で成り立っています。 だから、日本人がこのコメントを看過したら、彼の意見が正論としてアメリカに蔓延します。これは人の良心を否定する行為です。すでに寄付した多数の人間はどう思うでしょうか?自分がやったことが間違いだと思わされたら。。。世界一位の経済大国であるアメリカですら、お金を贈らないでいい、といえば、発展途上国の人はどうしたらいいんですか?考えたことありますか?NY タイムズが世界でどれだけ知られているメディアかは説明する余地もありません。ASAHIやYOMIURIを誰も知らなかったとしても、アメリカの大学生は皆NYTを知っています。私の大学の経済地理学の教授は、LAにいるにも関わらずNYTの購読を生徒に推奨するのです。(もちろん政治的な視点もあります)...